本棚>ある生涯の七つの場所ノート>考察

青XIIでの年代設定


西暦 私2の学年と挿話
         
1917        
  小1    
     
     
1918      
  小2    
     
     
1919      
  小3    
     
     
1920      
  小4    
     
     
1921      
  小5    
     
     
1922      
  小6    
     
     
1923      
  中1    
     
     
1924      
  中2    
     
     
1925      
  中3    
     
     
1926      
  中4    
     
     
1927      
  中5 赤XIV  
   
     
1928      
  高1    
     
     
1929      
  高2    
     
     
1930      
  高3    
     
     
1931      
  大1    
     
     
1932      
  大2    
     
     
1933      
  大3    
     
     
1934      
  休学    
     
     
1935      
  大4    
     
     
1936   橙XIV  
   
     
     
1937      
  非常勤

講師
青XII  
   
     
1938      
  常勤

講師
   
     
     
1939      
     
     
     
       

概要

青XIIでの記述から、表のような主人公の学年や挿話と暦年代の対応関係が読み取れる。これを、本サイトでは「青XIIでの年代設定」と呼ぶ。

以下に、根拠を述べる。

暦年代

青XIIの本文中前の年に若手将校たちの率いる軍隊が叛乱を起し、雪に降りこめられた首都は、ただならぬ気配に包まれた。より、二・二六事件の翌年、1937年であることが分かる。

私2の学年

青XII本文より、赤XIVのちょうど10年後、大学卒業の翌年と考えられる(詳細は青XIIの考察参照)。

私2の誕生年

私2は、休学したこともあり、旧制大学を5年かかって卒業している。卒業時の年齢は25歳であり、誕生を迎えると26歳になる年である。その翌年が1937年であるから、私2の誕生は1910年に設定されたと考えられる。


更新:2012.12