料理>郷土料理

けんかもち


高知県中東部の、旧物部町の郷土料理です。旧物部町は轟の滝を見に行ったときに通りましたが、深い山の中でした。せっかく現地に行ったのに、当時はけんかもちの存在を知らず、探しもしなかったのが残念です。実物を食べたことがないので、下記のサイトの情報をもとに作りました。作るのは簡単で、素朴な優しい味のお菓子です。

公益社団法人全国学校栄養士協議会

けんかもち

材料

サツマイモ
1本(正味200g)
サトイモ
3~4個(正味200g)
砂糖
40g(芋の重さの1割)
食塩
1g
きな粉
30g
砂糖
10g

作り方

  1. サツマイモとサトイモの皮をむき、大きめの乱切りにしてふきんを敷いた蒸し器に入れる。中火で20~25分蒸す。
  2. きな粉と砂糖を混ぜる。
  3. 蒸しあがったサツマイモとサトイモ、砂糖と塩をボウルに入れ、ポテトマッシャーでつぶしつつ均等に混ぜる。
  4. 3を8等分し、2をまぶしつつ丸める。

ポイント

  1. 生地が熱いうちはかなり粘りけがあり手につくので、適当に丸めてきな粉の上で転がすようにすると上手にまとまる。冷めると手につかなくなるが、堅くなって成形しにくくなる。

更新:2012.9