本棚>ある生涯の七つの場所ノート>挿話

暮れ方の光景


書誌

シリーズ
黄いろい場所からの挿話 VII
所収
『夏の海の色』中央公論社, 1977
『霧の聖マリ』中央公論社(中公文庫), 1992
初出
『海』7巻1号(1975年新年号)

設定

舞台
ドイツの大学のある町
アイテム
老人の飼い犬の黄色い首輪
時代
(黄VIの直後の大学前期(エマニュエルは修士課程1年)
執筆時は1963年~1964年ごろ→菫IXで1959年~1960年ごろに変更
)

人物

私(私3)
日本人。特に何もせず、自分の中で形成されるものを待っている。
エマニュエル
私3の恋人。ドイツの大学に前期の間だけ留学。
老人
黄色い首輪の犬の飼い主。スペイン内戦に参加したことがある。
老人の妻
老人の一時の心変わりを許さず、一生会わずに亡くなった。
老人の息子
大学のある町から20kmほど離れた工業都市で技師をしている。
老人の息子の妻
昨年、別の男と出て行った。

考察

本挿話の年代

その町に住んだのは、それでもエマニュエルが大学の前学期を終えるあいだだったから、半年以上にはなっているはずである。私たちがその町を去ったのは二月の終りのある夕方でより、季節は9月~2月である。

挿話中に大学のクリスマスパーティーの話が出てくるので、クリスマスには大学のある町にいたことになる。そのため、クリスマスの休暇についての言及がある黄VIII黄X黄XIIIとは別の年である。単行本版あとがきのもちろん同色の挿話Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ・・・・・・は、ある物語的な進行を示しますし、直接物語的な進行を持たない場合には、主人公の内的発展が辿られるはずです。から、挿話の順が年代順になっているとすれば、この4回のクリスマスは次のように整理できる。

1. 本挿話のクリスマス
二人でドイツの大学のある町でクリスマスを過ごす。
2. 黄VIIIのクリスマス
私3は北フランスのヴェルヌ家へ。エマニュエルはフォントナーユの城館へ。
3. 黄Xのクリスマス
私3・エマニュエル・根室の3人で南ドイツの田舎の教会を廻る。
4. 黄XIIIのクリスマス
二人でチロルで過ごす。このときにはエマニュエルのアメリカ留学が決まっている。

黄Vの考察に書いた夏のシークエンスと合わせて考えると、夏・クリスマス両方に共通する黄VIIIを要に、次のように整理できる。

1. 私3とエマニュエルが出会って2年目(エマニュエルは修士課程1年)
夏(黄V黄VI)→冬(黄VII)
2. 私3とエマニュエルが出会って3年目(エマニュエルは修士課程2年)
夏→冬(黄VIII)
3. 私3とエマニュエルが出会って4年目(エマニュエルは博士課程1年)
夏(黄XI黄IX?)→冬(黄X)
4. 私3とエマニュエルが出会って5年目(エマニュエルは博士課程2年)
夏(黄XII)→冬(黄XIII)

3.を除き、挿話順と年代順はきれいに対応しており、おそらくこの順で正しいと思われる。

以上より、本挿話は黄V黄VIと同じ年から翌年にかけての時期と考えられる。

本挿話の舞台

本文中に、町の入口の城門の正面に昔の町の紋章が石に刻まれていた。そこには球に手をかけた二頭の獅子が表わされていてとあること、大学があること、人口が5000人ほどの小さな町であること、有名な教会があることなどが述べられている。また、カスターニエンの並木があって、私が町へ着いた頃、まだ色づいた葉が美しかったが、とあり、マロニエではなくカスターニエンと書かれていることから、明記はされていないがドイツ語圏であろう。

以上の手がかりから、ドイツの大学をしらみつぶしに捜したが、二頭の獅子の紋章の町にある大学を見つけることが出来なかった。地方行政区分の変化などで紋章が変わっている可能性もあり、本挿話の場所については保留としておく。


更新:2013.03