本棚>ある生涯の七つの場所ノート>挿話

青い場所からの挿話


概要

青い場所からの挿話では、他の場所とは異なり、二人の主人公について語られる。

IXIでは、私1が日本を離れてアメリカ、そしてフランスで研究生活をする間に体験した、または見聞きしたエピソードが描かれる。

XIIXIVでは、私2の大学卒業後、私3の誕生までのエピソードが描かれる。

赤I・IIでの年代設定橙XIIでの年代設定青XIIでの年代設定による西暦と、私2の学年、それぞれの挿話の時期との対応を、下の表にまとめた。色つきで表されているセルが、挿話の時期を表している。セルの色は学年が設定された挿話の場所を、ローマ数字は挿話番号を表している。例えば、挿話番号IVの列には、小6の行にVI、中4の列にXIIIの表示がある。これは、青い場所からの挿話IVは、赤い場所からの挿話XIIIの内容から本来は私2が中4のときの出来事として書かれたが、執筆後に青い場所からの挿話VIによって小6のときの出来事に改められたことを表している。

また、色が薄い部分は、挿話の時期が特定できず、表示した範囲のどこかであることを示す。

青い場所からの挿話 年表
年代設定 私2 挿話番号
赤I・II
±1
橙XII
-1+2
青XII 学年
(4月)
I II III IV V VI VII VIII IX X XI XII XIII XIV
1930 1925 1920 小4                            
1931 1926 1921 小5 XIV XIV XIV                      
1932 1927 1922 小6 III III III VI VI                  
1933 1928 1923 中1           VI IV
IX
             
1934 1929 1924 中2                          
1935 1930 1925 中3                          
1936 1931 1926 中4       XIII IV                
1937 1932 1927 中5               IX          
1938 1933 1928 高1               VIII          
1939 1934 1929 高2                          
1940 1935 1930 高3                            
1941 1936 1931 大1                   X        
1942 1937 1932 大2                          
1943 1938 1933 大3                   XI      
1944 1939 1934 休学                   XII        
1945 1940 1935 大4                          
1946 1941 1936                   XII      
1947 1942 1937                       XII XIII  
1948 1943 1938                           XIV
1949 1944 1939                          

更新:2013.01