本棚>ある生涯の七つの場所ノート>人物

当麻朝代


概要

私2の妻。私3の母親。山陰の神官の家系だが、父母が早くに亡くなり、遠縁の桜田家で育つ。

瀬木道雄夫妻の紹介で私2と知り合い、結婚。私2の戦死後は川上康夫の出版社で編集に携わる。


登場話


人間関係

私2
夫。(青XIV)
夫の母。(青XIV菫XIV)
私3
子。(青XIV菫XIV)
エマニュエル
私3の妻。(菫XIV)
桜田八重
遠縁。父母が亡くなった後引きとられて育つ。(青XIV)
桜田房之助
遠縁。父母が亡くなった後引きとられて育つ。(青XIV)
桜田弦一郎
遠縁。父母が亡くなった後引きとられて育つ。(青XIV)
瀬木梓
桜田家の縁者。可愛がられる。私2を紹介される。(青XIV)
瀬木道雄
瀬木梓の夫。帝国大学文科大学独文科助教授。私2を紹介される。(青XIV)
大沼直衛
私2の友人。川上康夫を紹介する。(菫XIV)
川上康夫
私2の友人。勤めている出版社の創業者。(菫XIV)

更新:2013.02