本棚>ある生涯の七つの場所ノート>人物

レイモン・ファーゲ


概要

1920年代によく見られた進歩的な地主出身の知識人(緑II)・アナーキスト(青XI)。

パリで行われたアナキスト同盟の大会で宮辺と知り合う(緑II)。パリに住む(青X)が、私1がフランスに行ったころには私は南フランスの城館に引きこもっていた(青XI)。


登場話


人間関係

宮辺音吉
友人。社会主義者。(緑II緑III青X青XI)
ウルス
社会主義者。宮辺音吉に紹介する。(緑III)
真岡貞三
友人。社会主義者。(青X青XI)
私1
社会問題の研究者。真岡貞三の紹介で手紙をよこす。(青X青XI)

更新:2013.03