本棚>ある生涯の七つの場所ノート>人物

長岡美根子


概要

高校がある都市の長岡医院のひとり娘。私2よりも11学年年長。


登場話


人間関係

私2
親戚みたいにしている子。
長岡先生
父親。医師。
駒子
駒子が高校のある都市に住んでいた頃、親しかった。
石岡茂子
女学校時代の同級生。

考察

橙I の本文中、「そのはずよ。私が女学校の四年だったんですもの」より、駒子が亡くなったときに女学校4年、満19~20歳であったことが分かる。その12年後に私2は旧制高校に入学するが、駒子が亡くなったのは3月なので、命日には私2はまだ旧制中学5年生である。そのため、学年差は11、年齢差は10~12と考えられる。


更新:2012.11