本棚>ある生涯の七つの場所ノート>人物

マイク・ロバート


概要

国際旅団に参加したアメリカ人。もともとはジョー・ホワイトが参加する予定だったが行けなくなり、代わりに参加(青X)。国際旅団ではゲオルグの副官を務める(藍X)。

戦後はニカラグアの革命に参加。その後、スペイン内戦50周年の祈念式典に出席するが、そこでホークミゲルに暗殺される(エピローグ)。

菫IIIで、クレメンテ・マルザを名乗ってアロンソ・エノオファナを暗殺するが、なぜマイク・ロバートがクレメンテの復讐をするのかは不明。


登場話


人間関係

私1
日本人。同じ船でヨーロッパへ渡る。(青X)
ジョー・ホワイト
もとは彼が国際旅団へ行く予定だった。(青X)
ウィリー・マイヤー
組合書記。(青X)
リズ
もと婚約者だが、失踪。(青X)
ペーター・シュルツ
国際旅団兵士。ドイツ人。飛行士。(藍X)
マルティン・コップ
国際旅団兵士。ドイツ人。(藍X)
ペーター・マイヤー
国際旅団兵士。ドイツ人。(藍X)
ミッシェル・ペリエ
国際旅団兵士。フランス人。(藍X)
ミゲル
政府軍民兵。北の鉱山で働いていたスペイン人。(藍X)
マルタン
政府軍兵士。脱走する。(藍X)
ゲオルグ
隊長。(藍X)
アロンソ・エノオ
内戦末期にクレメンテを殺害して逃亡。(菫III)
ファナ
彼女をめぐるトラブルで、アロンソがクレメンテを殺害。(菫III)
クレメンテ・マルザ
村長の息子。内戦末期にアロンソに殺される。(菫III)
マイク・ロバートの妻。マイクがフランス滞在中にシアトルで亡くなる。(菫III)
サミュエル・アンダーソン
指揮者。(菫III)
倉田
友人。倉田弓子の父。シアトルで邦字新聞を出している。(菫III)
倉田弓子
サミュエル・アンダーソンの亡くなった妻。(菫III)
ホーク
もと国際旅団兵士。(エピローグ)

更新:2013.02