本棚>ある生涯の七つの場所ノート>人物

ミッシェル・ペリエ


概要

ピレネー山脈近くの出身の製図工(緑VI)・印刷工(藍X)。

勤務する会社の社長の妻アデルと愛し合うようになるが、銀行強盗の冤罪を受ける。アデルは冤罪を晴らすが自殺してしまう(緑VI藍VI)。

その後パリに出(緑VI)、さらに国際旅団に参加してペーター・シュルツと行動をともにする(藍VII藍X)。国際旅団解散後にどのような人生を送ったかは描かれない。

黄IVミッシェル緑IIIミッシェルXIミッシェル・ブリュネは別人。


登場話


人間関係

クリス・ペリエ
弟。(菫VI)
アンリ・ルブラン
勤めている会社の社長。(緑VI藍VI)
アデル
恋人。アンリ・ルブランの妻。(緑VI藍VI)
ロベール
アデルの従兄。(藍VI)
ペーター・シュルツ
国際旅団兵士。ドイツ人。飛行士。(藍X)
マルティン・コップ
国際旅団兵士。ドイツ人。(藍X)
ペーター・マイヤー
国際旅団兵士。ドイツ人。(藍X)
ミゲル
政府軍民兵。スペイン人。(藍X)
マルタン
政府軍兵士。脱走する。(藍X)
ゲオルグ
隊長。(藍X)
マイク・ロバート
ゲオルグの副官。(藍X)

更新:2013.03