本棚>ある生涯の七つの場所ノート>人物

マルティン・コップ


概要

ドイツ人の画家。アンナ・マリアと付き合うが、捨てる(緑VIII菫VIII)。

その後スペイン内戦に国際旅団兵士として参加(藍VIII)。国際旅団解散後に飛行機でフランスへ脱出する(藍X)。その際ミゲルの恨みを買って付け狙われ(XIV)、殺害される(黄VIIIエピローグ)。


登場話


人間関係

エルンスト・コップ
兄。アンナ・マリア事件でドイツを離れアメリカへ。(菫VIII)
アンナ・マリア
捨てた女。(緑VIII菫VIII)
カタリーネ
アンナ・マリアの姉。(緑VIII菫VIII)
アドルフォ
政府軍兵士。狙撃銃を開発している。(藍VIII)
ペーター・シュルツ
国際旅団兵士。ドイツ人。飛行士。(藍X)
ペーター・マイヤー
国際旅団兵士。負傷している。(藍X)
ミッシェル・ペリエ
国際旅団兵士。フランス人。(藍X)
ミゲル
政府軍民兵。北の鉱山で働いていたスペイン人。(藍X)
マルタン
政府軍兵士。脱走する。(藍X)
ゲオルグ
隊長。作戦の打ち合わせに司令部へ行っている。(藍X)
マイク・ロバート
ゲオルグの副官。(藍X)

更新:2013.02