本棚>ある生涯の七つの場所ノート>人物

真岡貞三


概要

社会主義者。アメリカに亡命し、苦労の末ニューヨークで大学講師をしている。私1を大学図書館の職員に推薦し(青VII)、研究の便宜を図る(青IX青X青XI)。

家族は真岡貞三が亡命するときに日本残るが(赤XII)、のちにアメリカへ行く(橙XII)。


登場話


人間関係

真岡貞三の妻
妻。(赤XII橙XII)
真岡
息子。(赤XII橙XII)
真岡の妹
娘。(赤XII橙XII)
私1
社会問題の研究者。研究の便宜を図る。(青VII青IX青X青XI)
宮辺音吉
真岡の友人。社会主義者。(青X青XI)
北畑やよひ
大学図書館職員。(青X)
レイモン・ファーゲ
友人。アナーキスト。パリ在住。(青X青XI)
フォントナーユ
労働問題研究家。パリ在住。(青XI)

更新:2012.02