本棚>ある生涯の七つの場所ノート>人物

ルイ・ムーラン


概要

スペイン内戦時に国際旅団に参加したフランス人。

マドリッド攻防戦に参加し、黒川信之を助ける。(菫IX)

その後カタルーニャ地方でルネ・フェロン銃殺後の検死を命じられ、相棒のマチュウ・スィヤールがフェロンを逃がしたことが発覚して一緒に逃亡する(藍IX)。

逃亡中にクラウス・シュトリヒを助けるが(藍XII)、女がらみでマチュウ・スィヤールを殺してしまう(藍XII藍XIV)。エトルタの自宅で自殺(藍XII)。


登場話


人間関係

マチュウ・スィヤール
国際旅団兵士。フランス人。一緒に行動している友人。(藍IX)
ルネ・フェロン
国際旅団兵士。フランス人。(藍IX)
ルネ・ローラン
国際旅団兵士。フェロンの処刑にあたる。(藍IX)
ウラノフスキ
政府軍兵士。フェロンの処刑後、死体を運ぶ。(藍IX)
パブロ
政府軍兵士。輸送班。(藍IX)
クライン
国際旅団。革命委員。ドイツ人。(藍IX)
エゴン
国際旅団。クラインの副官。(藍IX)
ゲオルグ
国際旅団。革命委員。旅団長。(藍IX)
クラウス・シュトリヒ
もと国際旅団兵士。ノルウェイ人。助ける。(藍XII)
フィリップ・ムーラン
兄。社会主義者。(藍XII菫IX)
黒川信之
もとロンドン大使館付き武官。助ける。(菫IX)

更新:2013.03