本棚>ある生涯の七つの場所ノート>人物

倉田弓子


概要

シアトル出身のピアニスト。サミュエル・アンダーソンと知り合い結婚。生活のためにカフェでピアノを弾くが、ハドソン川に投身自殺する(菫III)。

挿話中に本人は登場せず、名前のみ語られる。


登場話


人間関係

倉田
祖父。(青III)
倉田
父。シアトルの邦字新聞の記者。のちに経営者。(青III菫III)
倉田の義娘
母。(青III)
サミュエル・アンダーソン
倉田弓子の夫。指揮者。(菫III)
マイク・ロバート
父の友人。いろいろと援助してくれる。(菫III)

更新:2013.03