本棚>ある生涯の七つの場所ノート>人物

駒子


概要

私2が幼い頃、近所にひとりで住んでいた娘。大工の宮辺精次と心中する(赤I)。命日は3月2日(橙I)。

のちに、宮辺精次の従弟の高村によって、事件の全貌が語られる(青I)。


登場話

  • 赤:
  • 橙:
  • 青:

人間関係

私2の
近所に住む得意客。(赤I)
私2
なついている子供。(赤I)
宮辺精次
若い大工。下宿を頼みに来る。(赤I青I)
棟梁
宮辺精次の棟梁。駒子の店の並びに住む。(赤I青I)
お内儀さん
棟梁の妻。里子の母。(青I)
里子
棟梁の娘。宮辺精次よりも2つ年少。(青I)
長岡美根子
松本にいた頃の友人。(橙I青I)

更新:2012.02