本棚>ある生涯の七つの場所ノート>人物

クライン(藍IX・藍XI)


概要

もと北ドイツの市役所職員。スペイン内戦に参加し、革命委員。銃殺刑が決まったルネ・フェロンマチュウ・スィヤールが逃がした件の調査にあたる(藍IX)。

菫I菫VII菫VIII菫XIIIでのエド・クラインは別人。


登場話


人間関係

ルネ・フェロン
国際旅団兵士。銃殺刑に決まったが、マチュウ・スィヤールに助けられる。(藍IX)
ルネ・ローラン
政府軍兵士。フェロンの処刑にあたる。(藍IX)
マチュウ・スィヤール
国際旅団兵士。フェロンの処刑にあたる。(藍IX)
ルイ・ムーラン
国際旅団兵士。フェロンの処刑後検死をする。(藍IX)
エゴン
副官。(藍IX)
ゲオルグ
革命委員。旅団長。(藍IX)
ウラノフスキ
政府軍兵士。フェロンの処刑後、死体を運ぶ。(藍IX)

更新:2013.03