本棚>ある生涯の七つの場所ノート>人物

加奈


概要

私2の2歳年長の従姉。女学校を出る。西永と結婚して西永照子をもうけるが、離婚する。


登場話


人間関係

伯父
義父。
伯母
母。
西永
夫。
西永照子
娘。
私2
従弟。

考察

はじめて加奈が登場するのは赤VIII だが、そのとき私2は旧制中学1年生(詳細は赤VIIIの考察参照)で、季節は夏の終わりであった。旧制中学1年の夏は、満12歳~13歳にあたる。加奈は加奈は私の二歳年長であり、加奈が西永さんと一緒になったことを知ったのは、その年の終りであるから、結婚時の加奈の年齢は14~15歳となる。旧民法には、「男ハ満十七年女ハ満十五年ニ至ラサレハ婚姻ヲ為スコトヲ得ス」とあるので、結婚可能な最低年齢で西永と一緒になったことになる。

構想の変化により、橙VIII の本文中で、赤VIII の出来事は私2が小学校6年生のときに改められている。連動して加奈が結婚した年も一年早くなる。私と加奈とは二つ違いでとあるように、私2と加奈の年齢差は改められていないので、加奈の結婚は満13歳~14歳のときになってしまう。先に書いた旧民法に合わなくなるが、構想の変更の結果でもあり、この辺はやむを得ないところであろう。


更新:2012.11