本棚>ある生涯の七つの場所ノート>人物

ジョー・ホワイト


概要

鉛管工。スペイン内戦に義勇兵として政府軍側で参戦しようと考えている(青IV)。アメリカ出立直前に兄が事件に巻きこまれ、スペイン行きを断念。代わりにマイク・ロバートがスペインへ行く(青X)。

青VIIIに登場するジョーとは別人。


登場話


人間関係

私1
日本人。同じ船でヨーロッパへ渡る予定だった。(青X)
シド・ホワイト
石工。兄。(青X)
カレン
シド・ホワイトの娘。(青X)
ウィリー・マイヤー
ドイツ人。組合書記。スペイン行きを止める。(青X)
マイク・ロバート
代わりにスペインへ行く。(青X)

考察

鉛管工のジョーは、青IV青Xに登場する。青IVの舞台はシアトル、青Xの舞台はニューヨークなので、この二人のジョーが同一人物かどうかは疑問が残る。しかし、名が同じこと、職業がともに鉛管工であること、どちらも国際旅団に参加しようとしていることから、ここでは同一人物と考えておく。


更新:2013.02