本棚>ある生涯の七つの場所ノート>人物

ジャック・パウエル


概要

ニューヨーク・ブルックリンの貧民街の黒人の少年。靴磨き、のちに新聞売りをする(青VIII)。

第二次世界大戦で兵士として赴いたシチリアでギリシア神殿を見て考古学を志し、帰国後猛勉強して研究者に(菫VIII)。

人生の岐路にさしかかるたびに影響を与えてくれたコップ牧師を慕っている。


登場話


人間関係

エルンスト・コップ
ドイツから来た巡回牧師。人生の岐路のたびに影響を与えてくれる。(青VIII菫VIII)
ジム
黒人の老人。いろいろな話をしてくれる。(青VIII)
チャーリー
ジャックの兄貴株。(青VIII)
リーリー
チャーリーの姉。(青VIII)
ジョー
トラック運転手。プロボクサーになる。(青VIII)
ウィリー・カーペンター
第二次世界大戦での戦友。古典に詳しく、歴史を教えてくれる。(菫VIII)
エマニュエル
学会の知人。フランス滞在中に城館に滞在する。(菫VIII)
私3
エマニュエルの恋人。日本人。(菫VIII)
ケイタ・アマドゥ
エマニュエルの城館の庭師。もとオート・ヴォルタの革命家。(菫VIII)
カミーユ
エマニュエルの城館へ料理に来ている娘。(菫VIII)
ドクター・シュトルツ
ドイツ人の医師。(菫VIII)
シュトルツ嬢
ドクター・シュトルツの娘。(菫VIII)

更新:2013.02