本棚>ある生涯の七つの場所ノート>人物

私2


概要

赤すべて・橙すべて・青XII~XIVの主人公。

私1の間の一人息子。

小学生の頃に父(私1)が渡米(プロローグ)、すぐに母が肺病で入院し(赤III)、親類の間を転々とする(赤III赤IV赤VIII)。

旧制松本高校(橙I)から帝国大学文科大学(ドイツ文学)に進学(橙VII)。

卒業後当麻朝代と結婚し私3が生まれるが(青XIV)、太平洋戦争で戦死(菫IX)。

本文中、赤・橙・青XII~青XIVでは「私」、青I~青XIでは「子供」「息子」「あれ」「子」、菫では「父」と書かれる。

関係する登場人物は多いため、下の「人間関係」では、特に間柄が深い人物に限って載せてある。


登場話


人間関係

私1
父。
母。
当麻朝代
妻。(青XIV)
私3
子。(青XIV)
伯父
母の異母兄。(赤VIII橙VIII)
伯母
加奈を連れて伯父と再婚。(赤VIII橙VIII)
加奈
従姉。2つ年上。(赤VIII橙VIII)
仁木
母の弟。小説家。(赤IV赤XI赤XII赤XIII赤XIV橙XIII青XII青XIII青XIV)
板倉順吉
母の弟。医師。(赤III赤IV赤VI橙VIII橙IX橙XI)
英二の母
母の妹。高台に住む。(赤IV赤V赤IX赤X橙VII橙IX橙XI)
良子
従姉。英二の姉。(赤IV赤V赤IX橙XIV青XIII青XIV)
英二の兄
従兄。英二の兄。(赤V赤IX橙XIV)
英二
従兄。2つ年上。(赤V赤IX赤XIII赤XIV橙IX橙XI橙XIV青XIII)
駒子
幼少期になついていた近所の娘。(赤I橙I)
大槻素子
小学生のころなついていた娘。(赤II)
江田篠
北の町の居酒屋で働いている娘。(赤III赤VI橙XI)
田村咲耶
叔母の従妹。地方の城下町に両親と暮らす。(赤IX橙IX橙XIV)
咲耶の子供。私2と同い年。海で溺れて亡くなる。(赤IX)
武井忠
咲耶の住む城下町の剣道仲間。(赤IX橙IX)
大沼直衛
中学時代からの友人。男爵家の若当主。(赤X赤XIV橙I橙II橙V橙VII橙X橙XII橙XIV青XII青XIII)
西條弓子
大沼の従妹。(橙X青XII青XIII)
安藤甚三
私2の中学の教師。(赤XI橙XI)
鬼塚冴
中学時代に憧れていた女の子。(赤XII橙XII)
金屋
中学時代の友人。6人兄弟の長男。(赤XII橙XII)
桜田八重
遠縁の実業家の妻。当麻朝代を育てる。(赤XIII青XIV)
楠木伊根子
仁木の友人の婚約者。(赤XIV橙X橙XIII青XII青XIII)
長岡美根子
高校のある都市の女医。(橙I橙II橙VI)
秋山貞二
高校の一年先輩。(橙I橙II橙III橙IV橙V)
鳥見茂
高校の同級生。(橙II橙III橙IV橙V橙VI)
栄子
私2が移った素人下宿の娘。銀行に勤めている。(橙II橙III橙IV)
川上康夫
大学の同級生。(橙VII橙X青XIII)
瀬木道雄
帝国大学文科大学独文科助教授。遠縁。(青XIII青XIV)

更新:2013.02