本棚>ある生涯の七つの場所ノート>人物

エレーヌ


概要

挿話群中に、エレーヌという人物は4人登場する。

私3が滞在したヴェルヌ家の当主で、パリで書店を経営しているエレーヌ・ヴェルヌ(黄VIII)

エマニュエルの友人で、パリの町工場で働いているエレーヌ(黄XIV)

フランスのスペイン国境近くの村に住む石工の妻のエレーヌ(藍XI)

エトルタにあるルネ・フェロンの別荘の通い女中のエレーヌ(藍XII)

詳細はそれぞれのエレーヌのページを参照。


登場話


人間関係

エレーヌ・ヴェルヌ
(黄VIII)
エレーヌ
(黄XIV)
エレーヌ
(藍XI)
エレーヌ
(藍XII)

更新:2013.03