本棚>ある生涯の七つの場所ノート>人物

エルンスト・コップ


概要

ドイツ人の牧師。弟の事件をきっかけに、ドイツを離れてアメリカへ渡る(藍VIII)。ニューヨーク・ブルックリンの貧民街で、少年のころのジャック・パウエルに出会い(青VIII)、さまざまに面倒を見る(菫VIII)。


登場話


人間関係

ジム
黒人の老人。教会に来ることを薦める。(青VIII)
ジャック・パウエル
黒人の靴磨きの少年。両親を説得してハイスクールに行けるようにするなど、さまざまに面倒を見る。(青VIII菫VIII)
マルティン・コップ
弟。画家。(菫VIII)

更新:2013.02