本棚>ある生涯の七つの場所ノート>人物

クレメンテ・マルザ


概要

アロンソ・エノオファナが住む村の村長の息子。サラゴッサに出て弁護士をしていたが、反乱軍を組織するために村に帰る。そこでファナと恋仲?になり、アロンソ・エノオに射殺される(藍III)。

その後、マイク・ロバートが「クレメンテ・マルザ」を名乗ってアロンソ・エノオとファナを爆殺する(菫III)が、なぜマイク・ロバートがクレメンテの敵を討つのかは不明。


登場話


人間関係

村長
父。ビトリア・ファナ母子を住み込みで雇う。(藍III)
村長の家の爺や
爺や。(藍III)
アロンソ・エノオ
村に住む若者。(藍III)
ミゲル(ミゲル・エノオ)
アロンソの父。ビトリアとファナが村で暮らせるよう協力する。(藍III)
ビトリア
ファナの母。村に流れてきた旅の女。(藍III)
ファナ
ビトリアの娘。(藍III)
マイク・ロバート
もと国際旅団。戦後、アロンソ・エノオとファナを殺害する。(菫III)

更新:2013.03