本棚>ある生涯の七つの場所ノート>人物

クラウス・シュトリヒ


概要

スペイン内戦時に国際旅団に参加したノルウェイ人。

パリの大学在学中に労働運動、ついでスペイン内戦に参加。(黄XII)

内戦末期に隊長命令で所属部隊が解散。逃亡兵狩りに引っかかるところを、マチュウ・スィヤールルイ・ムーランに助けられる(藍XII)。

第二次世界大戦中はレジスタンスを行う(藍XIV)。

戦後は連絡船の船長として静かに暮らすが、自殺(黄XII)。


登場話


人間関係

マチュウ・スィヤール
もと国際旅団兵士。フランス人。助けられる。(藍XII)
ルイ・ムーラン
もと国際旅団兵士。フランス人。助けられる。(藍XII)
ルネ・フェロン
もと国際旅団兵士。第二次世界大戦中のレジスタンス仲間。フランス人。(藍XII藍XIV)
エレーヌ
エトルタにあるフェロンの別荘の使用人。(藍XII)
ゲオルグ
もと国際旅団。スペイン内戦時の知り合い。ドイツ系フランス人。(藍XIV)
ウタ・シュトリヒ
娘。(黄XII)

更新:2013.03