本棚>ある生涯の七つの場所ノート>人物

アルトゥロ


概要

内戦前、街の浮浪児だったとき、警察に捕まるところをバジルに助られて以来バジルを慕う。内戦でも政府軍に入って行動をともにし、鉄橋爆破隊にも志願する(藍V)。

内戦後は南フランスで農業労働者になる。そこでテレーズと知り合い、テレーズの両親の希望でムーラン家の婿養子になる。娘も出来て静かに暮らすが、スペイン内戦時代の復讐に巻きこまれる(菫V)。


登場話

  • 藍:
  • 菫:

人間関係

エスタニスラオ
鉄橋爆破隊の隊長。(藍V)
バジル
鉄橋爆破隊のメンバー。フランス人。慕っている。(藍V菫V)
ミゲル
鉄橋爆破隊のメンバー。(藍V)
グアルテリョ
爆破隊のメンバー。(藍V)
ビトリャ
鉄橋のある村の旅籠の娘。(藍V)
ビトリャの父・母・祖母
家族で旅籠をしている。(藍V)
テレーズ
妻。(菫V)
カミーユ
娘。(菫V)
ドゥニ
娘の婚約者。(菫V)

更新:2013.03