本棚>ある生涯の七つの場所ノート>はじめに

底本


文庫版

底本には、比較的入手性が高いと思われる中公文庫版を用いた。列挙すれば以下の通りである。

『霧の聖マリ』
第1巻 / 1992年2月 / ISBN : 978-4122018761
『夏の海の色』
第2巻 / 1992年4月 / ISBN : 978-4122018921
『雪崩のくる日』
第3巻 / 1992年6月 / ISBN : 978-4122019089
『人形クリニック』
第4巻 / 1992年8月 / ISBN : 978-4122019249
『国境の白い山』
第5巻 / 1992年10月 / ISBN : 978-4122019393
『椎の木のほとり』
第6巻 / 1993年1月 / ISBN : 978-4122019645
『神々の愛でし海』
第7巻 / 1993年3月 / ISBN : 978-4122019805

単行本版

図書館などには、文庫版よりも単行本版が入っていることが多いようである。詳細な比較はしていないが、後書きを除けば、文庫版と内容は変わらないようだ。これも、あわせて底本として用いた。ただし、文庫版は一冊あたり14挿話、単行本版は一冊あたり12挿話が収録されているので、書名が同じでも含まれる挿話は異なる。装丁が美しい。出版は中央公論社。

『霧の聖マリ』
第1巻 / 1975年2月 / ISBN : -
『夏の海の色』
第2巻 / 1977年1月 / ISBN : -
『雷鳴の聞える午後』
第3巻 / 1979年4月 / ISBN : -
『雪崩のくる日』
第4巻 / 1980年5月 / ISBN : -
『雨期の終り』
第5巻 / 1982年11月 / ISBN : -
『国境の白い山』
第6巻 / 1984年1月 / ISBN : 978-4120013010
『椎の木のほとり』
第7巻 / 1988年1月 / ISBN : 978-4120016417
『神々の愛でし海』
第8巻 / 1988年11月 / ISBN : 978-4120017490

そのほか

そのほか、現在入手できるものは以下があるが、私は未見。

新潮社から2004年~2006年にかけて出版された『辻邦生全集』の5~7巻に収録されている。

また、2010年より電子書籍でも出版されている。中公文庫版を電子書籍化したものと思われる。


更新:2012.10