倉庫>オートバイ>STX-1300A

バイクナビ2


STXへの取り付け状況
STXへの取り付け状況

バイクナビを現行モデルに換えました。

前のモデルのナビゲーション機能自体に不満があったのではなく、現行のモデルの「MP3対応」ってトコロに惹かれての付け替えでした。長距離走るとき、やっぱり音楽があった方が快適ですし。(^O^)

今度のモデルも、前のと同じくHonda純正、製造元はGarminです。

付け替えてからあまり使ってもいないのですが、旧モデルと比較して気づいたことを少し。


旧モデルと比べて良くなったところ

ステーへ取り付けるのが簡単になった
前のモデルでは、二輪とナビをケーブルでつないでからステーに取り付けていました。それが、現行のモデルはステーに取り付けるだけになりました。
小さくなった
体積にして半分以下になった感じです。キャリングケースも付属して、二輪から離れるときの携帯性がとてもよくなりました。
MP3が聴けるようになった
私はこれが目的で買い換えました。(爆)
交差点などが3D表示になった
良くなったとは思いますが、私には不要。(^_^;)
安くなった
ステー等が流用できたこともありますが、工賃込みで旧モデルの半額、10万円ほどで付けることが出来ました。

旧モデルと比べて悪くなったところ

案内の日本語がレベルダウンした
合成音声の発音が変+単語の切れ目が変。何を言っているのか一瞬分からないことが頻繁にあります。
画面も小さくなった
画素数は変わってないのかも知れませんが、面積が小さくなった。前のモデルより見にくいです。
ボタンの操作性が落ちた
ボタンが押しにくい形状になった上に、前のモデルにはあった(ような気がする)ボタンの発光機能がなくなったので、夜なんかほとんど手探り状態です。

と言うことで、ナビゲーション機能自体に限って言えば、前のモデルの方が良かったように思います。(-_-;)

MP3まわりについても、

音量調節が面倒
専用のボタンが用意されていないので、音量を変えるときにはメニューから選択して操作しなきゃいけない。ということで、走行中は実質不可能。
音量調節のステップが粗い
細かい調節はできません。
MP3のタグ処理がビミョ~
日本語タグは通らない。英語でも正常に表示されないことがある。

等々、機能には不満ありありです。特に音量周りについては、ヘッドセットとの間に別にボリュームでもかませて解決するしかなさそうです。

以上、全体的に荒削りで、細かいところまで煮詰められていない、未完成な製品だと感じました。前のモデルが良かっただけに残念です。次のモデルに期待デス。