倉庫>オートバイ>STX-1300A

バイクナビ


バイクナビ
バイクナビ

ホンダ純正のバイクナビです。製造元はGarminで、基本的には同じものを、ヤマハやトライアンフ、BMWなどのメーカーも純正パーツとして採用しています。

アタッチメントで二輪に装着するのですが、そのアタッチメントは車種別の専用設計です。当然逆輸入車しかないSTXには、アタッチメントは用意されてません。なじみのバイク屋さんに相談すると、ハンドル幅から考えて、VFR用のを加工したら行けるのではないかとのこと。で、いつものように全部おまかせしました。(笑)

出来上がってみると、取り付け方がスマートじゃないなぁ、ってのが第一印象です。いや、これはバイク屋さんのウデの問題じゃなくて、もともとの設計が。

ナビ本体は取り外しが出来るようになっているのですが、配線はアタッチメントから独立してます。つまり、ナビ本体をアタッチメントに装着すると、自動的に配線もつながるようにはなってません。別にケーブルをつながなければならないのですが、これが結構面倒。(-_-;)

さらに、アタッチメント自体がスマートじゃない。何か無理矢理取り付けた感じで、いかにもホンダらしくありません。ということは、このアタッチメントもGarmin製?(笑)

問題のナビとしての性能ですが、これは申し分ありません。音声ガイドがしっかりしてるので、走行中に画面を見る必要はほぼありません。精度も十分です。

また、家庭用電源に対応した電源ケーブルが付属してますから、コンセントさえあればナビ本体だけで使用できます。これは結構便利で、家でルートを設定しておくとか、ツーリング先の宿でルートの確認をするとか、イロイロな使い方が出来ます。ビルトインのカーナビには出来ない芸当ですね。(^O^)

結論として、めちゃくちゃオススメです。これ。(^-^) 実用上の難点は、ヘッドホンが有線なので取り回しが煩わしいことくらいでしょうか。

ただ、これは四輪のカーナビについても言えることですが、上手に使わないと、ナビに頼って走るようになりがちです。結局ナビに言われるままに走るようになって、ツーリングが単なる「移動」っぽくなってしまいがちなのがちょっと。


具体的な情報を得たいとおっしゃるメールをいただきましたので、もうちょっと加筆します。以下、取り付けてもらったバイク屋さんの話そのままです。(^_^;)

ステーはVFR用のものを使用
ブレーキ/クラッチレバーホルダーと共締めで装着するタイプのステーはVFR用しかなくて、他のステーではSTXには着かないのではないかとのことでした。
ステーはかなり加工
ブレーキ/クラッチレバーホルダー間の距離・角度がVFRとSTXでは違うため、現物合わせしながら取り付けたということでした。
結局、結構な手間がかかり、私のバイクに取り付けたときには丸一日かかったということでした。(*_*)
予算
予算は、本体・取り付け工賃込みで20万円見ておけば大丈夫でしょうということです。税別です。