倉庫>オートバイ>STX-1300A

STX1300A Pan-European について


ようやく(?)走行距離が8000kmに達しました。インプレッションの改訂版です。さらに走行距離が増えたら、また改訂します。


ごくさりげなく走る。
STXに乗って一番感じたのがコレ。どんなシチュエーションでも、ごく自然に走る。
確かに大きいから取り回しには気を遣うけれど、走ってさえいればとてもリラックスしていられる。
土砂降りのワインディングの高速道路を走ることがあったけど、ゼンゼン怖くなかった。
低速でとても安定している。
例えば1速・アイドリングで走っているようなときでも、挙動がとても安定している。
だから、巨体にもかかわらず、ノロノロ運転はそれほど苦にならない。
風があたらない。
電動式シールドはスバラシイ。ただし、後ろからかなり巻き込み風にあおられる。
足には結構風が当たる。冬場には、オプションのディフレクターは必須かも。
冬は暖かいが夏は暑い。
スクリーンを最低にしても胸から下には風が来ない。風が来ないから、夏場は暑い。
さらに、気温が30℃くらいになると、タンクがかなり熱くなる。
特に右側は低温やけどになりそうなくらい熱い。
エンジンは穏やか。
ホンダのエンジンによくある「もっと回そうよ、もっと走ろうよ」っていう感じがない。
ツアラーとしては、せかされないこのエンジンの方がありがたい。
低速トルクがイマイチ。
排気量の割には低速トルクがない。だから、ギアポジションに結構気を遣う。
まぁ、これは前に乗っていたBMW・K100RSと比べると、だが。
燃費はよくない。
高速道路でちょっとペースをあげると18km/lくらい、街乗りだと10km/lを切る。
もっと走ると思ってた。ホンダのエンジンだからと思って期待しすぎたんだろうか。
足つきはイマイチだけど、恐くない。
このサイズの二輪だから当たり前か。まぁ、私が小さいという話もあるが(身長164cm)。
シートを一番低くしても、両足おろすとツンツン状態。でも、意外にも不安がないのはナゼ?
ギアポジションのインジケータは欲しかった。
前の二輪には、今何速に入ってるかを表示するインジケータがあった。
あれはあると便利だから、つけてほしかった。
クラッチレバーに調節器能がないのは×。
私ぁ手も小さいので、クラッチが遠くて嫌だ。調整機能がないのは解せない。(ブレーキレバーにはついている)
ついでに言うと、油圧にしてはクラッチが重い。